新日鉄住金が3日続伸、主力の君津製鉄所の高炉1基休止へと伝わる

新日鉄住金<5401.T>が3日続伸。12日付の日本経済新聞が「新日鉄住金は主力製鉄所の君津製鉄所で、高炉1基を休止する方向で最終調整に入った」と報じた。昨年10月の合併に伴い過剰生産設備を抱えており、初の合理化策として中核設備の能力を削減すると記事は伝えている。また、今月末に予定していた和歌山製鉄所の新規高炉の稼働も延期し、高コストの国内生産を効率化し、世界市場で成長戦略を加速するとしており、同社の合理化進展が収益拡大につながるとの期待から買いが先行している。

新日鉄住金の株価は9時6分現在263円(△13円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)