UMNが反発、インフルエンザワクチンが高齢者対象の第3相臨床試験で良好な結果と発表

 UMNファーマ<4585.T>が反発。11日の取引終了後に、アステラス製薬<4503.T>と共同で開発中の季節性組み換えインフルエンザHAワクチン「ASP7374」が、高齢者を対象とした第3相臨床試験で良好な結果を得たと発表したことを好感。なお、これによる13年12月期業績予想への影響はないとしている。

UMNの株価は9時15分現在3800円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)