東海ゴム、ブラジル自動車用ゴム部品メーカー買収発表も利益確定売りに押される

 東海ゴム工業<5191.T>は高寄り後売られている。11日取引終了後にブラジルの自動車用ゴム部品メーカーを買収すると発表したことで、朝方は買い先行でスタートしたが、前日まで昨年来高値更新が続いていたことから、利益確定売りに押されている。買収は現地に進出する日系自動車メーカーだけでなく、欧州メーカーへも販売を拡大することが狙いで、4月に設立する現地法人トーカイ・ラバー・ド・ブラジルを通じて現地自動車用ゴム部品メーカーのProduflexMG社の全株式を取得し孫会社にする。買収額は3000万レアル、約14憶4000万円。2月に買収したイタリア自動車用ホースメーカーの現地拠点とも連携を強め、取引を拡大していくとしている。

東海ゴムの株価は9時27分現在1124円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)