麻生フオームが急反発、復興関連として見直される

 麻生フオームクリート<1730.OS>が急反発。東日本大震災から2年が経過し、復興関連銘柄が個別で値を飛ばすなかで麻生太郎氏の弟である麻生泰氏が会長を務め麻生グループの一員である同社も目先的な調整一巡感から買い戻しの動きとなっている。軽量盛土など気泡コンクリート工事の最大手で地盤改良分野での実績も豊富であることから、大型補正の効果で復興の動きが加速化すれば恩恵は大きいと見る向きの買いが入っているようだ。

麻生フオームクリートの株価は10時11分現在370円(△41円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)