サムコが5日ぶり大幅反落、12年8月~13年1月期10%経常減益で利益確定売り先行

サムコ<6387.OS>が5日ぶりに大幅反落。11日引け後に12年8月~13年1月期の連結決算を発表。売上高は18億400万円(前年同期比12.5%減)、経常利益2億円(同10.7%減)と2ケタの減収、経常減益だったことから、いったん利益を確定する売りが先行している。半導体など電子部品製造装置のCVD装置は大幅に伸びたものの、主力のエッチング装置や、洗浄装置の売上高が減少したことが要因。受注が前年同期比83%増と大幅に伸長していることから、13年7月期通期は売上高44億円(前期比14.9%増)、経常利益6億2500万円(同94.1%増)の前回予想を据え置ている。

サムコの株価は10時10分現在799円(▼71円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)