京阪神ビルが4日続伸し新高値、金融緩和背景に低PBRに注目の買い

京阪神ビルディング<8818.OS>が4日続伸。株価は前日比71円高の740円まで急伸し、連日で昨年来高値を更新している。日銀の一段の金融緩和期待が高まる中で、その恩恵の大きいセクターとして不動産株が継続して買われている。同社はデータセンターなどの賃貸事業が主力で、PBRが0.7倍台の評価不足の株価水準にあったことから、是正高に期待した向きの買いが流入している。

京阪神ビルの株価は10時39分現在730円(△61円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)