神栄がS安ウリ気配、直近の急騰で過熱感が台頭

 神栄<3004.T>が朝方に昨年来高値を更新したあと下落に転じ、10時45分時点ではストップ安水準でウリ気配となっている。中国から飛来する微小粒子状物質「PM2.5」に対して、子会社の神栄テクノロジーが開発を進めている「PMセンサ(仮称)」の発売を6月に控えていることから関連銘柄として買われてきたが、6日から11日まで4日連続ストップ高となり、急騰前の5日からこの日の高値418円まで約3.3倍に急騰していたことから、過熱感が台頭し利益確定売りが相次いでいるようだ。

神栄の株価は10時45分現在307円(▼80円)ウリ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)