内田洋行が大幅続伸、今7月期の収益大幅改善見通し手掛かりに短期資金が流入

内田洋行<8057.T>が大幅続伸。株価は前日比60円高の326円まで買われている。13年7月期は公共関連事業分野で政府の大型補正予算による文教関連の需要増や、オフィス関連事業分野で首都圏中心に受注が堅調なこと、情報関連事業分野では非効率案件の一巡により利益率の改善が見込まれることから、売上高1300億円(前期比7.2%増)、経常利益14億円(同6.7倍)と大幅な収益改善の見通しにある。加えて株価がPBR0.5倍台の割安水準にあったことから、これらを手掛かりにした短期資金が流入しているようだ。また一部では有力特定筋の介入思惑もハヤされている。

内田洋行の株価は12時31分現在285円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)