テンプHDが新高値、解雇規制緩和論議で関心

 テンプホールディングス<2181.T>が急伸、一時前日比144円高の1589円まで買われ昨年来高値を更新した。成長産業への労働力の移転を促すべく、解雇規制の緩和が安倍政権で議論されているなかで、派遣から紹介まで幅広く人材ビジネスを展開する同社が関連銘柄として関心を集めている。連結子会社であるテンプスタッフを通じてパナソニックの100%子会社であるパナソニックAVCテクノロジーとパナソニックAVCマルチメディアソフトを子会社化しており、M&A効果への期待も高い。

テンプホールディングスの株価は13時10分現在1540円(△95円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)