目新しい報道なければ株睨み

目新しい報道なければ株睨み
本日は主要な米経済イベントも無く、材料難と言える。

基本的に株価や米長期金利の動向睨みの主体性のない展開となりそうだ。

ただ、本日の東京市場のドル/円は日銀総裁・副総裁人事や、次の金融政策についての報道によって値が動く場面が複数あった。

関連報道があれば同様の動き出しはあり得るため、要注意だ。