本多通信が13年3月期業績予想を下方修正、FAや通信分野の低迷で

 本多通信工業<6826.T>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高140億円(前期比0.3%減)はそのままに、営業利益を7億5000万円から6億円(前期比16.9%減)、経常利益を6億7000万円から6億円(同8.4%減)にそれぞれ下方修正した。営業利益、経常利益とも増収予想から一転、減益予想となる。売上高はほぼ計画通りだが、基幹分野で収益性が高いFAや通信分野の下期以降の低迷と、海外製造子会社の決算期変更に伴う円安デメリットなどが響き下方修正したとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)