【買い】みずほFG<8411>は1.62倍、ガンホーは20倍、銘柄間格差が広がるが、両面を睨むことをお勧め!

みずほ株は1.62倍、ガンホーは20倍、銘柄間格差が広がるが、両面を睨むことをお勧め!
日銀人事は14日には衆議院、15日には参議院で承認される見通し、20日にも新体制発足で更なる金融緩和期待高まる。

先週は次期日銀総裁候補の黒田氏による国会での所信表明演説(3月4日)や金融政策決定会合(3月7日)など重要日程を通過、更なる金融緩和期待高まる。ただ、米国歳出強制削減やイタリア選挙の結果を受けた欧州動向懸念、など銀行株にとっては強弱材料目白押し。情勢の変化によって一喜一憂する場面もあるか?以前は初心者向け銘柄としてお薦めでしたが、好悪材料が入り乱れている現在は、大ロットで短期で決着をつける鞘取り銘柄としてはお薦め。

当予想欄では株価131円から37回目の買いの予想。とうとう130円台から213円まで上昇でみずほ株も1.62倍に上昇、当然ガンホーの20倍には及ばないが初心者には十分な利益が獲得できたと思います、当初は初心者向きとしてオススメでしたが、最近は過熱感も出ているため警戒しながらの参戦がオススメ、デイトレ銘柄としては最適か?

12月は133円から157円、1月は162円から183円へと上昇。2月に入っても186円から204円まで上昇、12月1月2月前半まではようやく動きが出てきた感の強いみずほ株!120円台から何度となく初心者向き銘柄としてお勧めしてきましたが120円台では長らくへばりついていたのが嘘のように最近は商いも集め活発化、さすがに200円を超えてくると警戒心も出てくるところですが引き続き短期鞘取り銘柄としてはお勧め。100円台で購入できた12月1月2月前半に比べると段々リスクは高まっておりますので注意が必要です。

半年で株価20倍になったガンホーに比べようやく1.62倍となったみずほ株!

これに続く次の大化け銘柄は?

今年に入ってからでも88万円から382万円に上昇しわずか2ヶ月で4.3倍、6ヶ月で20倍にまで上昇してきたガンホーほどの値幅はもちろん期待できないが、みずほ株は2万円程度の単位で買え、配当利回りも高く、個人投資家にとって買いやすい銘柄なことも確か。3月期末に向けて配当取りの動きも期待でき堅実。大化け銘柄と堅実銘柄、両面をにらむ展開を引き続きお薦め。

自・公勝利で2/3の議席を獲得。金融緩和の進む可能性が高まり、引き続き堅調な展開が続きそう。

シャープ株などの株の評価損は大きかったが、中間決算で悪材料も出尽くし。コスト削減も進み、海外展開にも期待がかかる。配当利回り2.82%で、最低買付単位も2万円。本当の株初心者にはオススメ。ただ、ここにきての上昇で120円台の時に比べるとずいぶんリスクは増してきております。低位株の代表で出来高も多く、ロスカット基準を設け短期鞘取りと割り切っていけばまだまだ魅力的。

世界的に日系銀行の競争力は高まっており、金融緩和期待感の高まりから銀行株は戻り歩調を強めましたが、売り圧力が強く上値は重い状況が長らく続きましたが200円超えにまで、引き続き堅調な展開を予想!

ただ、一方通行に考えるのは危険。だめな場合は売却するなど買った後の管理が重要。

知名度や下値不安の少なさ、配当利回りの高さ、買いやすさから非常に魅力的だが、今の相場状況では資金効率も考えたい。みずほ株が動かない間、ここ6ヶ月ちょっとで20倍のガンホーなど値動きの軽い銘柄の上昇率に比べてようやく動いた銀行株。資金は限られているだけに他にも目を向けながら資金効率を考えながら動かしていきたいところ。

世界的な金融緩和協調の流れが決まり、大化け銘柄による値幅取りと堅実投資、両面を睨むのが正解か?

先進諸国のバブルの清算は大詰め段階。日本は2003年、米国は2008年10月、欧州は2012年10月?世界的な金融緩和と政治がこれから変わっていく時期に突入。スペイン、イタリアの国債買い入れ策など、欧州危機を乗り越えるための施策も危機脱出に効きはじめており、欧州のバブルの清算は大詰め段階。日本の銀行はいち早くバブルの精算を経験しており、世界的な優位性高まる。引き続き強い展開を予想。