モリテックスが連日のストップ高、需給相場加速の展開へ

 モリテックス<7714.T>が連日のストップ高で異彩を放っている。同社は半導体製造装置向けに光ファイバー部品などを手掛けている。米景気回復や、為替の円高修正の動きを背景に半導体メーカーの設備投資意欲も回復、つれて製造装置メーカーの受注環境も14年3月期に大きく改善方向を辿るとの見方が市場でも強まってきた。同社もその収益環境の変化が追い風として意識される。その中で、同社は15年9月期を最終年度とする中期経営計画を発表しており、連結売上高は前12年9月期比で27%増の120億円、営業利益は14.5倍の12億円を目指すなど意欲的だ。また、株価面では需給相場を展開しやすい資質を持っている。発行株数が1390万株と小型で、さらに浮動株比率が15%と低いことから株価のボラティリティは高く、短期筋の買いを集めやすい。

モリテックスの株価は10時30分現在449円(△80円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)