◎13日前場の主要ヘッドライン

・海洋掘削、東証が13日から日々公表銘柄に指定も買い優勢
・サン電子しっかり、ファイナンス通過後の値動きに期待感も
・都競馬など含み資産関連が再騰、引き続き一段の金融緩和期待の高まりで
・芦森工が急伸、防災関連として短期資金集中
・オーイズミが一時ストップ高、カジノ解禁思惑で再び人気化
・カナモト上場来高値更新、岩井コスモが「A」を継続し目標株価を引き上げ
・倉庫株が軒並み高、含み資産とTPP交渉参加表明が手掛かり
・極東貿易がストップ高、低PBR背景に短期資金流入
・ラサ工が急騰、低位材料株で切り口多彩
・医学生物がストップ高カイ気配、JSRと資本業務提携で新薬開発加速

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)