神栄が続急落、PM2.5関連の人気離散で売りかさむ

 神栄<3004.T>が連日の急落。同社は中国から飛来する微小粒子状物質「PM2.5」の対策製品として、子会社の神栄テクノロジーが開発を進める「PMセンサ(仮称)」の発売を6月に控えていることから関連銘柄として買われてきた。6日から11日まで4日連続ストップ高となり、急騰前の5日からきのう12日の高値418円まで約3.3倍に急騰した。だが、PM2.5関連の人気離散から12日は一転、ストップ安まで売られ、きょうも前日比43円安の264円まで売られる展開にある。

神栄の株価は12時32分現在270円(▼37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)