テンポスが続落、第3四半期増収増益も進捗率の低さ嫌気

 テンポスバスターズ<2751.OS>が続落。12日引け後に発表した第3四半期累計(5~1月)連結決算は売上高119億3900万円(前年同期比11.1%増)、営業利益8億8800万円(同9.0%増)、純利益5億2300万円(同12.8%増)と増収増益となったものの、13年4月期通期予想の売上高165億円(前期比13.7%増)、営業利益13億円、純利益7億5000万円(同9.9%増)に対する進捗率が営業利益で68%に過ぎないことから、これを嫌気した売りが出ているようだ。
 なお、第3四半期累計期間では、昨年11月に発売したフライパンなど調理道具のPB商品が好調。今期より強化しているフードビジネスプロデューサー事業も順調だった。

テンポスの株価は12時41分現在14万7000円(▼3000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)