巴工業が3日ぶり反発、今10月期業績の減額修正織り込みリバウンド狙う

 巴工業<6309.T>が3日ぶりに反発。同社は機械製造販売事業で北米の油井向け遠心分離機の受注が遅れていることや、化学工業製品販売事業で半導体製造装置向けセラミックス、中国向け高機能樹脂や製品類の販売が低迷することを理由に、3月4日に13年10月期の連結経常利益を前回予想の28億円から21億5000万円(同17.5%減)に減額修正している。この悪材料の株価への織り込みが進んだうえ、北米のシェールガス向け遠心分離機の伸長期待や、国内の防災・減災工事向けコンクリート強化材の需要増が期待されており、株価のリバウンドを狙った買いが入っている。

巴工業の株価は13時54分現在1900円(△92円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)