日本紙が反発、クレディ証の目標株価引き上げも買い戻し誘発

 日本製紙グループ本社<3893.T>が反発。円安による原材料コスト上昇で業績下振れが警戒され、売り優勢の展開が続いてきたが、1日につけた戻り高値1742円から8日ザラ場安値1495円まで14%強下落したことで、当面の下値到達感が出ており、下げ渋りから出直りの兆しを見せている。12日付でクレディ・スイス証券がレーティング「ニュートラル」を据え置き、目標株価を960円から1400円に引き上げたことも買い戻しを誘発しているようだ。

日本紙の株価は13時55分現在1513円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)