応用地質が3日ぶり大幅反落、株価急騰の反動安局面に

 応用地質<9755.T>が3日ぶりに大幅反落。株価は前日比224円安の1645円まで売り込まれている。がれき処理など震災復興関連事業が好調なことから13年12月期連結業績の上振れ期待人気に、同社子会社が中国から飛来する微小粒子状物「PM2.5」の測定装置を手掛けていることからPM2.5関連人気が加わり、株価は2月28日安値の1090円から12日の高値1939円まで8割近い急騰を演じていた。そのためきょうは高値警戒感からの売りがかさむ反動安局面にある。

応用地質の株価は14時39分現在1641円(▼228円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)