今夜から明朝の注目材料は? 

今夜から明朝の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は株とともにジリジリと値を下げる展開となりました。

この後も下げ続けるのかどうか、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/13(水)
18:00  (独) バイトマン独連銀総裁、講演
19:00  (ユーロ圏) 1月鉱工業生産・季調済
20:00  (南ア) 1月実質小売売上高
21:30☆(米) 2月小売売上高
21:30  (米) 2月輸入物価指数
23:00  (米) 1月企業在庫
26:00  (米) 10年債入札(210億ドル)
27:00  (米) 2月月次財政収支
29:00☆(NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート

3/14(木)
09:30☆(豪) 2月雇用統計
※☆は特に注目の材料

ドル/円相場としては、一番の注目は米2月小売売上高となりそうです。

前月比+0.5%という市場予想に対して結果が良ければドル高、悪ければドル安、という反応が予想されます。

また、明日朝についてはオセアニアの大きな経済イベントが続きますので、豪ドル、NZドルを取引される方は要チェックです。