◎欧米外為市場サマリー

 13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=96円08~09銭と前日に比べ10銭前後の円安・ドル高。対ユーロは、1ユーロ=124円54~59銭と同40銭強の円安・ユーロ高で推移した。この日発表された米2月小売売上高は前月比1.1%増と市場予想(0.5%増)を上回った。これを受け、ドルは円に対して強含み、一時96円25銭まで円安・ドル高が進んだ。ただ、米10年債の利回りは上昇幅が縮小したことなどもあり96円前後での値動きで推移した。イタリア国債入札が低調だったことから、ユーロは売り先行で1ユーロ=1.2959ドル前後へユーロ安・ドル高が進んだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)