三井ハイテックは急反落、14年1月期減益見通しを嫌気

 三井ハイテック<6966.T>は5日ぶり急反落。同社が13日発表した13年1月期連結決算は、売上高が前期比7.5%増の546億5200万円、経常利益は21億4400万円と前期の8500万円から大幅な改善を示した。12年1月期に東日本大震災の影響で落ち込んだ電子部品や自動車部品が回復したことや、為替市場での円高修正の動きが利益を押し上げている。ただ、14年1月期は売上高が6%増の580億円と増収を確保するが、円安メリットを見込まず経常利益は16%減の18億円と2ケタ減益を予想しており、株価はこれを嫌気して売られている。

三井ハイテクの株価は9時26分現在717円(▼64円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)