環境管理は大幅安、大証が14日から日々公表銘柄に指定

 環境管理センター<4657.OS>は大幅安。一時、前日比89円安の936円まで売り込まれている。大証が13日、環境管理株を14日から信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表したことを嫌気している。信用規制の強化で、売買の自由度が制限されるとの見方から売りが優勢となっている。
 同社は、東京都から大気汚染物質PM2.5の測定・分析業務を受注していることを手掛かり材料に、2月末に400円だった株価が3月11日には一時1700円台をつけるまでの急騰をみせていた。

環境管理の株価は9時40分現在968円(▼57円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)