大日塗料が大幅反発、防災・減災工事向け強く低位株人気波及

大日本塗料<4611.T>が商いを伴いながら大幅反発。2月5日につけた昨年来高値197円奪回が視野に入ってきた。低位材料株人気が継続する中で、短期資金の買いが再び厚みを増してきている。同社は橋梁やトンネルなどのコンクリート構造物に使用される鉄筋用防錆塗料に強く、橋梁など金属構造物の腐食について電流を流して診断するシステムも開発しており、防災・減災関連工事の増加から、収益の拡大期待が高まっている。

大日本塗料の株価は11時22分現在194円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)