郵船が底堅い、野村証は投資判断「バイ」継続

 日本郵船<9101.T>が底堅い。野村証券が13日付リポートで、「年率7%程度で増えるLNG需要を見込み、優良案件の獲得を狙う」として、投資判断「バイ」、目標株価280円を据え置いている。
 また、バルチック海運指数が11日続伸していることや円高修正の動きも収益の追い風で、出遅れ感から押し目買い意欲が強まっている。

郵船の株価は13時28分現在249円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)