外国人投資家3月第1週、買い越し額が初の1兆円突破

 東証が14日引け後に発表した3月第1週(4~8日)の投資部門別売買動向(東京、大阪、名古屋の3市場1、2部および新興市場の合計)によると、外国人投資家の買い越し額が1兆172億円と、東証が公表を始めた1982年7月第1週以来、初めて1兆円台に乗せた。これまでの最大は、2004年3月第1週の9678億円だった。3月第1週で外国人投資家の買い越しは、昨年11月第2週以来17週連続で、合計金額は5兆2000億円を上回ってきた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)