本日の注目材料は?

本日の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は午前に95.60円台まで値を下げましたが、その後切り返し、夕方に入って96.20円付近まで上昇する様子も見られています。

この流れは続くのかどうか。予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/14(木)
17:30  (スイス) スイス中銀政策金利発表
18:00  (ユーロ圏) ECB月例報告
21:30☆(米) 3/9までの週の新規失業保険申請件数
21:30☆(米) 2月生産者物価指数
21:30  (米) 第4四半期経常収支
21:30  (加) 第4四半期設備稼働率
21:30  (加) 1月新築住宅価格指数
22:00  (米) ラスキンFRB理事、講演
26:00  (米) 30年債(130億ドル)入札
-----  欧州連合(EU)首脳会議(15日まで)
※☆は特に注目の材料

一番の注目材料は米新規失業保険申請件数になりそうです。

市場予想よりも良好だった場合、12日高値96.70円を突破できるかが焦点となりそうです。

なお、市場予想は35.0万件となっています。ただ、米国については明日に主要経済指標ラッシュがあり、それを前に手控えムードが拡がり、NY市場では値動きの幅が限られることもあり得そうです。