◎欧米外為市場サマリー

 14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=96円10~11銭と前日に比べ2銭前後の小幅な円安・ドル高。対ユーロは、1ユーロ=124円93~97銭と同40銭前後の円安・ユーロ高で推移した。この日発表された米新規失業保険申請件数は33万2000件と市場予想(35万件)に比べ改善を示す内容となった。これを受け、一時、96円60銭台へ円安・ドル高が進行した。ただ、その後、ドルがユーロに対し売られたことで円は95円台後半に上昇したが、日銀の追加金融緩和期待から96円台前半に戻した。ユーロは対ドルで、1ユーロ=1.3002ドル前後とユーロ高・ドル安が進んだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)