<前場の注目銘柄>=エプソン、業績V字回復で出遅れ修正へ

 セイコーエプソン<6724.T>が出遅れ修正に向かいそうだ。

 プリンターの需要減少と訴訟関連損失計上による収益悪化が上値を抑えてきたが、未定としてきた今3月期末配当を7円にすることを決定、同時に発表した中期計画では最終年度の16年3月期に連結営業利益500億円を目指し、収益力を強化していく構えで、来期のV字型回復へ期待が高まっている。

 足もとの業績も円高修正による輸出採算の改善で上振れが観測され、8日現在の信用倍率0.80倍、12日申し込み現在の貸借倍率0.41倍の好需給も下値を支えていく。2月の戻り高値1046円抜けから、12年3月につけた昨年来高値1241円奪回が意識される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)