ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(7774)、買い一巡後は伸び悩む、短期調整か

上ひげが出現、いったんは下方の窓を埋める展開
大幅続伸。連日の高値更新となっている。しかし、買い一巡後は伸び悩んでおり、ローソク足では上ひげが出現。出来高も比較的多く、これがテクニカルの壁として機能しそうだ。一時的に下方に空いている窓(370000円-400000円)を埋めることが予想され、短期の調整局面に突入することになりそうだ。