JTが続落、リバランスによる買い一巡との見方強まる

 JT<2914.T>が続落。13日にはMSCI、前日にはTOPIXのリバランスが実施され、インデックスファンドの買い需要が一巡したとの見方から、短期的な需給悪化懸念が台頭しているもよう。この日はFTSEリバランスによる買い需要が発生するが、MSCIやTOPIXやMSCIと比較するとインパクトは限定的との見方が強い。また、この日は政府による売り出しの受渡期日となっており、売出価格は2949円。

JTの株価は10時36分現在3045円(▼85円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)