共栄タンカー、明治海が急騰、海運株人気を牽引

 共栄タンカー<9130.T>、明治海運<9115.T>がともに一時ストップ高に買われるなど突発人気、中低位材料株物色の流れに乗っている。両銘柄はそれぞれ東証1部の値上がり率1位、4位にランクインしているが、海運セクターは業種別値上がり率でも東証1部で断トツとなっている。ここバルチック海運指数の回復など海運市況にも改善傾向がみられるほか、米国をはじめとする世界景気の回復期待が今後の物流需要を喚起するとの思惑がある。その中で、共栄タンカーや明治海は値動きの軽さで際立っており、出遅れ感に目をつけた投機資金の流入が強まった。

共栄タンカーの株価は11時5分現在268円(△65円)
明治海の株価は11時5分現在455円(△78円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)