乾汽船がストップ高、北米からの穀物や木材輸送に強くTPPでメリット

 乾汽船<9113.T>が急騰、前場中ごろの前日比25円高328円で寄り付いた後、ストップ高の383円まで買い進まれ、後場に入ってカイ気配のまま値付かずで推移している。13時現在差引き44万株の買い越し。小型ドライバルク船による北米、カナダなどからの穀物や木材、鉱石輸送が主力で、海運業界にあってもTPPによるメリットが大きいとの見方が広がった。07年に上場来高値3360円をつけるなど天井は高く、値動きの軽さが短期資金を呼び込んでいる。

乾汽船の株価は13時9分現在383円ストップ高カイ気配。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)