配合飼料株が安い、TPPへの交渉参加入り表明も材料出尽くしとの見方

 日本配合飼料<2056.T>、協同飼料<2052.T>など飼料株が安い。TPPへの参加が決定した場合、飼料原料の輸入関税が引き下げられ、飼料メーカーの収益改善につながるとの見方が買い材料だったが、きょうの安倍首相のTPPへの交渉参加表明でいったん材料出尽くしになるとの見方から売りが先行している。

日配飼の株価は13時01分現在139円(▼9円)
協同飼の株価は13時01分現在131円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)