エイチームが急落、第2四半期好業績発表も市場コンセンサス届かず

 エイチーム<3662.T>は大幅安。一時前日比685円安の2830円まで売り込まれた。
 同社は14日、第2四半期(12年8月~13年1月期)の連結業績を発表、売上高は前年同期比2.4倍となる55億5300万円、経常利益は同2.8倍の9億8100万円、最終利益は同3.1倍の5億9300万円だった。同社はモバイル端末向けゲーム開発と比較情報サイト運営を主力としているが、スマートフォン向け主力タイトルの「ダークサマナー」が国内だけでなく、米国をはじめとする海外でも大ヒット、このほかにも有力タイトルを多く抱え、収益を牽引している。また、比較情報サイトも好調に伸びており、最終利益は3倍以上の伸びを示している。しかし、市場のコンセンサスには届かず3月初旬から株価を1000円以上上昇させてきたこともあって、利益確定の売りが噴出する形となった。

エイチームの株価は13時17分現在3040円(▼475円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)