電算が13年3月期業績予想を下方修正、期末に3円の記念配当実施も発表

 電算<3640.T>がこの日の取引終了後、13年3月期の業績見通しを従来予想の売上高146億円、経常利益15億600万円から、売上高138億円(前期比横ばい)、経常利益6億5000万円(同56.5%減)に下方修正した。大規模な法制度改正対応などが見込めず売上高が伸び悩むことに加えて、第1四半期に発生した予定原価を超過したシステム開発案件の影響を挽回できなかったことや、期末に見込んでいた利益率の高いパッケージシステム販売の失注や翌年度への延期などが発生したことが要因としている。
 また同時に、従来17円を予定していた期末配当について、東証1部上場を記念して3円の記念配当を行うと発表。普通配当と合わせて期末配当は20円となり、年間配当は53円(従来予定50円、前期122円、ただし12年10月に1対2株の株式分割を実施)を予定している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)