15日のNY株式市場の概況 利益確定売りが優勢で11日ぶりに反落

前週末15日のNY株式市場は、NYダウが1万4514.11ドルの25.03ドル安と11営業日ぶりに反落し、ナスダック指数は3249.07の9.86ポイント安と3日ぶりに反落した。この日は、3月の米消費者態度指数の速報値が市場予想に反して低下したことで個人消費への警戒感が出たことや、10日連続上昇後の高値警戒感から利益確定売りが先行する軟調な展開だった。ただ、押し目には買いが入る底堅さもみられた。ハイテク株比率の高いナスダック指数も売りがやや先行する堅調で反落して取引を終えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)