アクセルが大幅反発、13年3月期業績の上方修正と配当予想の引き上げを好感

アクセル<6730.T>が大幅反発。15日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正と配当予想の引き上げを発表したことから、これを好感した買いが先行している。売上高は前回予想の155億円から167億円(前期比99.7%増)に、経常利益は25億円から32億円(同2.6倍)に増額した。主力の遊戯機器向けグラフィックスLSIは従来製品から新製品への移行が順調で販売が計画を上回ることや、試作開発費の一部が来期にずれ込むことが寄与する。また、3月期末配当は前回予想の40円から30円増の70円を実施し、年70円から年100円(前期は年60円)に引き上げた。

アクセルの株価は9時56分現在2181円(△156円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)