常磐興が頑強な動き、急騰後一服もマド埋め拒否の強い足

 常磐興産<9675.T>が継続的な買いに頑強な展開。前週3月11日にストップ高とマドを開けて急騰したが、その後利益確定売り圧力を相殺する押し目買い資金の流入でマド埋め拒否の強い足をみせている。13年3月期の業績予想は基幹施設のスパリゾートハワイアンズの利用者が予想以上に好調に推移していることや、持分法投資利益の増加、金利費用が想定を下回ることなどを背景に増額修正。経常損益は7億円の黒字から11億2000万円の黒字に引き上げており、前期の22億2800万円の赤字から脱却する。続く14年3月期も業績続伸が見込まれ、一部調査筋試算では経常利益15~16億円と50%程度の増益が視界に入るほか、復配も濃厚とみられる。

常磐興の株価は10時51分現在204円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)