日本取引所しっかり、13年3月期業績の上方修正と期末配当の引き上げを発表

日本取引所グループ<8697.T>は全般相場が軟調な展開をみせるなか、しっかりとした動き。きょう午後12時に13年3月期連結業績見通しの上方修正と3月期末配当予想の引き上げを発表。営業収益は前回予想の675億円から715億円に、経常利益は175億円から215億円に、最終利益は95億円から110億円に増額した。金融緩和強化への期待感や円安進行などを背景に、市場が活況を呈しており、前提となる通期の1日の平均売買代金・取引高は1兆5000億円(前回公表資料比1500億円増)、日経平均株価先物取引15万3000単位(同6000単位増)、日経平均株価オプション取引230億円(同10億増)に見直したことを織り込んだもの。また、3月期期末配当は前回予想の年70円から10円増配の年80円に引き上げた。

日本取引所Gの株価は12時41分現在7420円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)