トリケミカル研究所がストップ高、業績の回復基調を評価

 トリケミカル研究所<4369.T>が急伸。株価は前週末比50円高でストップ高となる236円まで急伸している。半導体や太陽電池の製造用化学薬品などを手掛ける同社は15日に決算発表しており、業績は回復基調にあることから買い人気を集めた。2013年1月期の連結経常利益は前期比79%減の6000万円だったが、従来予想の同1400万円からは上方修正された。為替の円安に加え、設備投資の見直しや経費削減の効果が表面化した。また、2014年1月期の連結経常利益は前期比約91%増の1億1600万円と急回復が予想されている。

トリケミカル研究所の株価は12時35分現在236円(△50円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)