セイコーHDが急騰、含み資産関連人気で一時ストップ高

 セイコーホールディングス<8050.T>が一時ストップ高に買われるなど、全般相場が急落となる中で、個別物色人気を集めている。「為替市場が急速に円高に振れる中では材料株が手掛けやすく、その中でアベノミクスの底流テーマとなっている含み資産関連株への物色指向を反映した。前週末にもみ合いを上放れたことで、仕手材料性に富む同社株への短期資金の流入が加速した」(中堅証券営業体)形となっている。同社株は1月21日にマドを開けて急騰したが、その後2月中旬にかけてマドを埋める調整を入れたことで売り圧力が軽減されており、仕切り直しの動きに提灯筋の買いが追随しやすくなっているという。

セイコーHDの株価は12時48分現在413円(△66円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)