六甲バターが反発、チーズ輸入加工主力でTPP関連として人気集める

 六甲バター<2266.OS>が反発。ベビーチーズで最大手でQBBブランドの輸入加工を主力にすることから、農産物関税引き下げによるメリットが大きく、TPP関連の一角として人気を集めている。急激な円高修正による輸入原材料コストアップで、今12月期は営業10.5%減益を予想しているものの、年15円配当を継続することから利回りは2.35%と高く、連結PBR0.85倍と割安なことも買い安心感を誘った。

六甲バターの株価は14時38分現在636円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)