大阪製鉄が5日続落、中国の在庫調整リスクを警戒

 大阪製鉄<5449.OS>が5日続落。中国の在庫調整リスクや韓国勢を中心とする能力増強が鋼材市況のダウンサイド要因になるとの見方が広がっている。山形鋼などの一般形鋼の販売価格引き上げによる収益改善が期待されていただけに、売りを誘う格好になっており、信用買い残が高水準で推移するなど需給悪化も警戒されている。

大阪製鉄の株価は15時10分現在1547円(▼53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)