18日のNY株式市場の概況 キプロス金融支援を巡る懸念で続落

18日のNY株式市場は、NYダウが1万4452.06ドルの62.05ドル安と続落し、ナスダック指数は3237.59の11.48ポイント安と続落した。この日は、ユーロ圏諸国のキプロス金融支援を巡り、欧州債務問題再燃への警戒感から、売り先行ではじまり、NYダウは一時110ドル余り下げる場面があった。その後、警戒は行き過ぎとの見方から押し目買いが入り、前週末比プラス圏まで浮上したが、引けにかけて売り直されて、結局、続落して取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数も主力株中心に売りが先行する軟調な展開で、続落して取引を終えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)