キヤノン、リコーなど高い、ユーロ安・円高の動きに歯止め

 キヤノン<7751.T>、リコー<7752.T>など欧州向け売上比率の高い精密機器メーカーが反発。為替市場では前日、キプロス金融支援を巡る預金課税策への思惑でユーロが売られ、一時1ユーロ=121円台で推移するなど円が急伸したことから、輸出採算の悪化思惑を嫌気して両銘柄とも大きく売られた。しかし、足もとは1ユーロ=123円台前半まで円安方向に戻しており、目先の不安感の後退から買い直されている。

キヤノンの株価は9時4分現在3425円(△40円)。
リコーの株価は9時4分現在1023円(△14円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)