ダイキンが反発、次世代環境エアコンを世界展開報道が手掛かり

ダイキン工業<6367.T>が反発。19日付の日本経済新聞が「ダイキン工業は次世代環境エアコンを世界展開する」と報じた。温暖化ガスを大幅に減らせる冷媒を採用したエアコンを月内にまずインドで発売し、インドネシアなど他の新興国にも順次投入を目指すと記事は伝えている。同社は自社推奨の新冷媒を採用したエアコンの普及を進めることで、規格化で主導権を握るとしており、まず、需要の大きいインドで12年度で約240億円を見込む空調売上高を15年度に600億円まで増やす計画で、中期的な収益拡大に寄与するとの期待から買いが先行している。またきょうは為替市場で円安傾向になっていることも見直し買いにつながっている。

ダイキンの株価は9時6分現在4070円(△95円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)