滝沢鉄が4連騰、短期資金の買い攻勢加速へ

 滝沢鉄工所<6121.T>が4連騰と上値追いに拍車がかかってきた。株価上昇もさることながら商いの膨らみ方が顕著で注目筋の増加を物語る。同社は現在東証2部上場だが、21日付で1部指定となる予定で、ファンドの新規組み入れ需要などの思惑から短期資金の物色ターゲットとなっている。NC旋盤の売上高が全体の約70%を占めており、自動車販売回復の動きを背景に収益環境は追い風局面。今3月期業績は前期比横ばい圏ながら1円増配予定で前期に続き連続増配となる。株価は約4年半にわたり100円台前半を中心とする底値ボックス圏での推移を続け、久々の上放れに追撃買いにも厚みが加わっている。

滝沢鉄の株価は9時49分現在172円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)