ツカモトが続伸、因縁場を目前に株価にウネリ

 ツカモトコーポレーション<8025.T>が続伸で180円台を回復、株価にウネリが出てきた。5日移動平均線を足場に一段高気配。上値は1月29日と3月5日184円で日足ダブルトップをつけており、同銘柄にとって180円台前半が因縁場となっているが、ここを上抜けば上昇加速の可能性も。動意時の足の速さは群を抜き、昨年2月初旬にはわずか6立会日で株価90円台から235円の高値まで急騰、この実績が短期資金を引きつける背景となっている。都内に高収益の不動産を保有するなど、含み資産株の側面に加え、今3月期は5期ぶりの復配が視野にあることで「復配銘柄は大化けする」との相場格言にも当てはまる。

ツカモトの株価は10時9分現在180円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)