東レが小幅反発、インドネシア売上高倍増を目指すと報じられる

 東レ<3402.T>が小幅反発。19日付の日本経済新聞が「2020年までにインドネシアに約5億ドル(約475億円)を投じて現地事業を拡大する」と報じたことが材料視されている。包装フィルムや水処理など新規分野で事業拡大を急ぎ、現在約5億ドルのインドネシアの売上高を20年をメドに倍増させると伝えており、新興市場の需要を取り込む成長戦略が好感された。東レのインドネシア事業の歴史は古く、繊維事業をベースにタイ、マレーシアなど東南アジアののグループ拠点との連携を強め事業を拡大しており、早期目標達成が期待された。

東レの株価は10時18分現在612円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)